vSphere Clientのclients.xm解析エラー

vSphere Clientにてclients.xmlの解析エラーが出た。

KB980773 が悪さをしているらしい。こいつをアンアインストールするか、最新のvSphere Client入れると直るとのこと。

相も変わらず恐るべしWinodwsUpdate。VBのOCXと同じような問題がNetFrameworkでも発生するってことかな。まあ、VMware側の使い方が悪いって可能性もあるけど、自動でインストールされるセキュリティパッチによってある日突然機械が動かなくなってあたふたするのはユーザとサポートだ。

セキュリティはすべて厳しく制限する方向へ行くのは分かるし、解析エラーなので clients.xml が正しくかかれていなかった可能性が高いですけどね。

もう少し、何とかならないものかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする