FREENAS インストール

猫も杓子もインストールして便利に使っているという、FREENAS を HP ML110 G6 へインストールしてみる。

1.初回インストール ML110 G6 , 1.5G HDDx5 , USB FLASH にインストールする。(ZFS)

-CD に FREENAS 7.2 stable を焼く

-ML110 G6 に HDD x 4 を装着、USB FLASH はまだ差さない

-CDを入れて起動、FREENASが起動したら、USB FLASHを差してインストール、再起動、IPを指定する

-ブラウザから、IPへアクセス。 admin/freenas

-種々の設定

-設定を保存(バックアップ)

2.2回目インストール、USB FLASHが壊れたと想定。別のUSB FLASHを用意

-CDにFREENASを入れて、USBを抜く、HDDは電源ケーブルを外す

-FREENAS起動後、USBを差し込み、FREENASのインストール、再起動、IP設定、電源OFF

-HDDも接続、起動

-ブラウザから、IPへアクセス。 admin/freenas

-保存してあった設定をリストアして確認

※注意点

-USB FLASHは起動してから入れないと、インストール時にエラーになる

-HDDをZFS poolに入れてもサイズ情報が出ずに、認識できない時には、NTFS フォーマットで認識させてZFSにフォーマットする

その後・感想

-ESXiよりのiSCSI接続中に3回ハングアップした。iSCSIのdaemonが死んだっぽい。他は生きてる。
-大量のファイルをコピーしようとしたら kernel panic kmem_map too small と出てハングアップした。ZFSは2Gでは厳しいのかな?
-3週間ほど使ってみたが、速度があまり出ないことと、安定しないこと両方ともZFSがらみぽい。iSCSIもまだ厳しい感じ。
-UFSで再度やってみるか・・・、

その後2

-UFS にした。かなり安定している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする