RocketHybrid 122x memo

>株式会社ディラックは、SSDとHDDでハイブリッドドライブを構成する米HighPoint Technology製SATAインターフェイスカード「RocketHybrid 122x」シリーズ2製品を3月18日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はいずれも8,980円前後の見込み。

>ハイブリッドドライブを構成するためのインターフェイスカード。コントローラはMarvell製88SE9130で、SATA 6Gbpsに対応し、RocketHybrid 1220は内蔵の、RocketHybrid 1222はeSATAを2ポート搭載する。

(PCWatchより)

ディラックHP

なんというか価格の割に使えそう。。SSDを大容量HDDのキャッシュに自動的に使ってくれるという便利さ。SSDは256GBとかだと目が飛び出るような値段がするので、価格低下の激しい大容量HDDと組み合わせるのは非常に理にかなっている。HDD側でSSD(というかFLASHメモリ)を組み込んだ製品もアナウンスはあったような気がするが、そのあとを追いかけていないので不明。

同じくソフトウェア側でやってる物や、RAIDコントローラ、ついでにソフトウェア遅延書き込み系もピックアップしておく。HyperDiskCacheがお勧めかな。

  • アダプテック MaxIQ (RAIDコントローラ+SSDキャッシュ)
  • silverstone HDDBOOST (RocketHybrid 同様な2.5HDDを入れる3.5HDDケース)
  • アイ・オー マッハドライブ (メインメモリをライトキャッシュに)
  • バッファロー ターボSSD (メインメモリをライトキャッシュに)
  • 電机本舗 プチフリバスター (メインメモリをライトキャッシュに)
  • アーク情報システム SSD革命(どっちかというとRAMDISK)
  • HyperDiskCache

アダプテック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする