robocopy.exe

DOS の頃には xcopy や zcopy などにお世話になりましたが、Windows7の時代にお世話になっているのが、robocopy です。

この頃の Windows7 などには標準でついているので困った時に使用しています。その他にも GUI で便利に使用できる FireFileCopy や TeraCopy など色々あるのにとは思いますが以下の点で非常に助かります。

  • 壊れかけのHDDからデータをサルベージしたい
  • 時々エラーの発生するNASからファイルをサルベージしたい

など、非常事態に於いてのオプションが有効なのです。もちろん壊れてしまったHDDからデータをサルベージしないといけない場合などには意味はありませんが、特定のセクタで読めないとかそういう場合に強い味方になります。

使用方法はオプションを付けないで起動すると表示されます。数がとっても多いので使いそうな物だけピックアップします。

C:\>robocopy
-------------------------------------------------------------------------------
   ROBOCOPY     ::     Windows の堅牢性の高いファイル コピー
-------------------------------------------------------------------------------
  開始: Sun Mar 20 12:04:14 2011
       簡易な使用法 :: ROBOCOPY コピー元 コピー先 /MIR
           コピー元 :: コピー元ディレクトリ (ドライブ:\パスまたは \\サーバー
                       \共有\パス)。
           コピー先 :: コピー先ディレクトリ (ドライブ:\パスまたは \\サーバー
                       \\共有\パス)。
               /MIR :: 完全なディレクトリ ツリーをミラー化します。
    詳細な使用方法については、ROBOCOPY /? を実行してください。
****  /MIR はファイルをコピーできるだけでなく、削除もできます。
  • /XO 古いファイルを除外します
  • /W:n エラーが起きた時に n 秒後に再試行します
  • /S サブディレクトリを含む
  • /R:n エラーのリトライ回数の指定
  • /FFT ファイルの新旧比較時にタイムスタンプの差2秒を無視する

基本的には copy コマンドと同様です。 /s を付けるればフォルダも全部、/mir を付ければミラーリングっぽくコピーしてくれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする