オンラインショップのマスタ更新の準備作業にUWSCで作成したマクロを利用していた。

しかしUWSCの将来性に不安が出てきたため、これ以降の作業に支障が出ないようにWEBをクロールして知識を拾得した。

UWSC関連

UWSC関連の情報を見てみる

  • 公式サイト(http://www.uwsc.info/)が閲覧できない
  • 支払いが出来ないためPro版が利用できない
  • 近々でサポートを含めた将来性が不安

UWSC類似のソフト

UWSC同様にPCで使用可能な自動化ソフトを探してみる

  • AutoIt フリーソフト
  • AutoHotkey フリーソフト
  • iMacros 無料もしくは有料
  • KatalonRecorder / SeleniumIDE フリーソフト
  • 確認したソフトではUWSCのレコーダ機能より大雑把な記録で、修正作業量が多い
  • RocketMouse Pro 画像認識が秀逸
  • UIautomationとかにこだわるよりも画像認識のRocketMouse Proが現実的で早い

RPA

類似ソフトでUWSC波に便利に使用可能なソフトが見つからなかったので、近頃はやりのRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)まで手を広げてみる

  • UiPath 50万~/年
  • WinActor 90万~/年
  • 非常に高価

それでも、無料で使用できる本格的な物も存在した。

まずは、UiPath Community 版をダウンロードしてみて様子を見る。

  • Communitu版は無料だけれども、企業であればこの類いにお金と時間をかける理由があるのかよーく考える必要がある。
  • やっつけ仕事を半自動化して時間短縮なら使う理由はあるかもしれない。
  • 基幹や定型の業務であればこんなの使っちゃいけない。
  • プログラムが組める人であれば他のやり方の方が早くて自由度が高い。
  • これで作成されたロボットの稼働できる寿命がもの凄く短いだろう事が予想できる。
  • 製品の値段が安く思えるほど維持の費用がかかるのが予想される
  • ベンダーにとってはもの凄く美味しい製品っぽい。
  • IDEが一般ユーザ向けなので、編集・追加等がやりにくい・遅い・落ちる

最後に

  • 1万円程度で購入できる RocketMouse Pro はかなり有望。
  • 一般ユーザでも高価なRPA導入するよりは全然早くかつ安価に構築できる。
  • 特にRocketMouseからお金もらっているわけではない。
  • UWSCもライセンス料支払っていたので、RocketMouse Pro も購入して使い込んでみようと思う。