SugarCRM 5.5 CE

SugarCRM のインストールをやり直そうと新しいバージョンを持ってきたんだけど、要 PHP 5.2 以上となっていてCentOS5+PLESK上でのインストールはあきらめた。

ちなみにSugarCRM 5.5 CEは現状英語版のみリリースで日本語版はまだリリースされていないけど、ランゲージパックのテスト版があったので試してみようとやってみたのでした。ところでCEは Comunity Edition なのね、この頃は略が多くてなれていないとあちこちで迷うわ。

前回インストールした物は、.htaccessをアップデートしろ等のメッセージが何回更新しても消えなかったのと、サンプルデータを入れてしまってから、ユーザの削除がないことに気がついたので消しました。

仕事で使ってみようと気合いを入れて調べようと思っているんだけど、なんだかこなれてない雰囲気しか感じられないのは困ったな。再度、SugarCE-Full-5.2.0k-Ja のインストールを試してみます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする